ロゴマーク

【同時開催イベント】門司港ブキニスト&アートマーケット

いよいよ今週末は門司港グランマーケット2017春開催となります。
本日は同時開催イベントの古書市「門司港ブキニスト&アートマーケット」のご紹介をさせていただきます。

門司港ブキニスト&アートマーケットとは?


「アンティーク・雑貨の街」門司港に新しいジャンルのマーケットが登場します。
パリ・セーヌ河畔、ロンドン・ケンジントン公園通りのように、歴史の街の文化としての展示販売で、古書を中心にポスター・写真・印刷物などのエフェメラと、アートなどを専門に集めたマーケットです。


アクセス+周辺の駐車場&授乳室情報

本日は、門司港グランマーケットへのアクセス+周辺の駐車場&授乳室情報をご案内させていただきます。

車ではなく公共交通機関でお越しください。

当日、門司港レトロ地区の駐車場はほぼ満車になります。
遠方より車でお越しの場合でも、JR小倉駅・小森江駅・門司駅・トロッコ列車めかり駅等周辺の駐車場に停めていただき、公共の交通機関やトロッコ列車でご来場ください。

【ご注意】近隣商業施設のお客様用駐車場の利用は固く禁止いたします。


出店者様へ 会場・ストール(区画)ディスプレイについて

門司港グランマーケットに出店の際の会場・ストール(区画)のディスプレイについてはマーケットコンセプトにあったディスプレイ・装飾を出店者の皆様にお願いしております。

しかし、過去実施した出店者アンケートや来場者の方からいただく声の中に

  • マーケットコンセプトに合っていないディスプレイが増えている。
  • 出店要項記載のディスプレイ・装飾のルールを守っていないお店が増えてきた。
  • お祭りの露天商のようなディスプレイは門司港グランマーケットの雰囲気にあわない。
  • 派手なノボリや看板が目立つと門司港のロケーションとあわない。

などというご意見をいただくようになりました。
そこで2017春からは今まで以上にマーケットコンセプトにあったディスプレイ・装飾を意識していただくようお願いしたいと思っております。