ロゴマーク

かわさきパン博 in 門司港グランマーケット

毎年春に開かれている九州最大級のパンのイベント「かわさきパン博」のPRブースが門司港グランマーケットにやってきます。

北九州市から車で約1時間。
田川郡川崎町で2012年から始まった「かわさきパン博(パンパク)」とは? 川崎町とはどんなところ?
まずは最近完成したばかりの川崎町PR動画(豪華2本立て)をどうぞご覧ください。
今年のパン博の様子も出てきます

川崎町PR動画 チックホー!かわさきまち


川崎町PR動画 川崎町いまむかし


「かわさきパン博」について

「かわさきパン博」は2012年川崎町観光協会の設立を機に、老若男女だれもが好きな「パン」をきっかけに、川崎町でとれる野菜や果物、蜂蜜などを知ってもらいたいと始まりました。



かわさきパン博2017のポスター 2018年は4月22日日曜日に開催決定。デザイン未定

6周年を迎えた今年は、福岡県内はもとより山口や佐賀、大分などからも約60店のパン屋さんに出ていただき、過去最高の25,000人のお客さんで賑わいました。
方々にパンイベントはたくさんありますが、かわさきパン博は、ご出店していただくパン屋さんに川崎町の食材を使ったオリジナルパンを作ってもらうというのが大きな特徴・カワサキスタイル。


今年4月23日、6周年の様子


過去最高の25,000人の人出。


川崎食材の一部

川崎町の食材を使ったオリジナルパン

小松菜・じゃがいも・ゴボウなどの川崎野菜や、蜂蜜、ゆずなどを使用して作られた各パン屋さんとのコラボパンの一例




パン博をきっかけにして、福岡市や北九州市のパン屋さんの店頭で川崎町の野菜を売っていただくようになったり、川崎食材を使ったレギュラーメニューができたりと川崎町とパン屋さんとの繋がりは年々深くなっております。


川崎町を飛び出して、あちこちでPR活動中!

来年はいよいよラッキーセブンの7周年。かわさきパン博をさらに多くの方に知っていただき、 楽しんでいただけますように、この秋、川崎町を飛び出して、あちこちでPR活動中です。

門司港グランマーケット2017秋でかわさきミニぱん博を開催

10月8日・9日は、あの日本一のパンイベントである東京「世田谷パン祭り」に、そして、今回は九州の陸の玄関口「門司港グランマーケット2017秋」にて、パン博でおなじみのパン屋さんのご協力を得て、まさにこのイベントためだけに作られる川崎町食材とのコラボパンをはじめ、それぞれのお店自慢のパンをたっぷりお持ちして、二日間にわたって、かわさきミニパン博を開催します。

ご協力店(予定・一部変更あり)

シェ・サガラ、ふらんす館、ルヴァンパスト リー、ラディップ、フラワーベーカリー、ぱんや東篠、ラピュタファーム、パン工房De・愛ほか

GOOD COFFE × かわさきパン博によるお楽しみ企画も

また、全国の美味しい珈琲のお店を紹介する「GOOD COFFE 」×かわさきパン博として、それぞ れに味の特徴が違う珈琲のテイスティングと共に、珈琲に合うパンをチョイスできるお楽しみ企画も同時開催。
潮風に吹かれながら、香り高い珈琲とスペシャルなパンで、どうぞごゆっくりとお寛ぎください。

門司港で出会う、かわさきセレクトのおいしいパン。

お気に入りが見つかったら、来年4月22日はぜひ、7周年を迎えるかわさきパン博へお越しください。
まだまだ先のお話ではありますが、どこかでまた、かわさきパン博情報や、川崎野菜に出会ったら思い出していただけますように。ちなみに、10月25日~30日は、福岡市天神の大丸デパート8階催事場で開かれる「パン展」でも、かわさきパン博セレクトのパン屋さんが並びます。

かつては日本一の炭鉱町として大いに賑わった川崎町。
人との出会いや交流を大切に、おいしい食を共に味わう喜びを楽しみにしております。

イベントでは「かわさきグルメ手帖」も配布予定


今年春に制作しました川崎町の飲食店約70店を一堂に掲載した「かわさきグルメ手帖」(Take Free)もお持ちします。「かわさきパン博セレクトブース」in 門司港グランマーケット2017秋にぜひぜひお 越しください。


文責 青木美香(共同ポケット)
かわさきパン博事務局・企画広報担当