ロゴマーク

門司港GRAMDMARKET 2019年秋 開催のお知らせ

門司港グランマーケットへのご来場・ご出店ありがとうございます。
2019年秋の開催日のお知らせです。

門司港 GRAND MARKET 2019秋 開催日

日時 2019年11月9日(土)10日(日) 10:00〜16:00
会場 門司港レトロ中央広場・親水広場・門司港ホテル周辺・ハーバーデッキ・西海岸・旧大連航路上屋

出店者募集開始時期について


門司港グランマーケット2019春終了

門司港グランマーケット2019春、無事終了しました。
大きな事故なく二日間開催する事が出来ました。
本当にありがとうございました。

両日とも穏やかでよく晴れて、絶好のマーケット日和になりました。

たくさんの方々にご来場いただき、大いに賑わいました。


「門司港GRAND MARKET 2019春」21日(日)スタート

「門司港GRAND MARKET 2018秋」の2日目も予定通り開催しております。

20日(土)は強風のため、一部テントが倒れ、出店者様に大変ご迷惑おかけしました。
本日は強風がおさまり、テントも復旧できました。

晴れ間も見えてきて、昨日に引き続きたくさんの方々にご来場いただいており、大盛況です。

RENOVATION EXPO JAPAN 2018 北九州では、昨日大好評だったトークイベントやセミナー、マーケットが本日も開催されています。
フードブースもありますので、ぜひ足を運んで下さい!


門司港 GRAND MARKET 2018秋 会場アルバム

「門司港グランマーケット2018秋」2日間のマーケット開催風景をお届けします。


2018年秋の来場者数は2日間で5万人。

今年は1年ぶりの開催ということもあって、ほんとうに多くの方々に足を運んでいただきました。誠にありがとうございました!
お楽しみいただけましたでしょうか?

今回のご来場者プレゼントは、門司港駅がテーマのポストカード。
来年いよいよグランドオープンということで、門司港はお越しくださる方々へのおもてなし準備で盛り上がってきています。
毎回オリジナルのプレゼント企画をご用意しておりますので、次回の開催もお楽しみに!

中央広場では「minne マルシェ」、ステージでは「グランマステージ2018」、旧大連航路上屋では「リノベーションEXPO」が開催され、門司港が活気に満ちた2日間となりました。

あっという間に2018年も終わりが近づいてきましたね。
門司港もだんだんと寒さが増してきて、いよいよ冬本番という感じです。
また来年の春に皆さまとお会いできることを楽しみにしています。

それでは、2日間の会場の模様をどうぞごゆっくりご覧ください。


「門司港グランマーケット2018秋」27日(土)の開催と設営について

「門司港GRAND MARKET 2018秋」の1日目ですが、現在強風のため、いくつかのテントが倒れており、復旧と設営を行っているところですが、10時の開催に間に合わない可能性がございます。

開催10時にお越しいただくお客様には全店舗設営できていないことでご迷惑をおかけするかもしれません。

またご出店の皆様には大変ご迷惑をおかけしております。

ご出店の方もご来場の皆様も天気の状況を見ながらくれぐれもお気をつけ下さい。


門司港GRANDMARKET2018秋の開催日&出店募集開始時期のお知らせ

皆さまいつも門司港グランマーケットへのご来場・ご出店ありがとうございます。
本年は運営体制が少し変わり、メンバーの交代もあったため、春の開催を行わず秋のみの開催とさせていただきました。

正式な告知が遅くなりましたが、秋の開催日が確定しましたのでお知らせいたします。

門司港 GRAND MARKET 2018秋 開催日

日時 2018年10月27日(土)28日(日) 10:00〜16:00
会場 門司港レトロ中央広場・親水広場・門司港ホテル周辺・ハーバーデッキ・西海岸・旧大連航路上屋

門司港GRANDMARKETの運営メンバーの交代について

「門司港をアンティークと雑貨の街に!」という思いで「おさんぽマルシェ」として始まったアンティーク・雑貨イベントは進化を続け、「門司港GRANDMARKET」「門司港グランマ」として定着し、アンティーク、雑貨、ハンドメイドのイベントとして日本最大級の規模にまで成長しました。

出店カテゴリー、コンテンツやプレゼントなどご来場者、出店者の皆様に楽しんでいただけるように、常にマーケットの本場英国でのリサーチを行い、最先端の内容をお届けできるように奮闘しています。

この門司港GRANDMARKETは、行政や商工関係が一切関わらず、補助金や助成金も使用しないという完全民間型のボランティア的最少人数で運営しており、本業という仕事を持ちながらの参画には大変な苦労があります。

そんな中、「門司港GRANDMARKET」の前身「門司港アンティーク・雑貨マーケット」からのMACメンバーであったT氏が、MACメンバーを外れることになりました。